決済代行サービスってどんなサービスなの?!

決済代行サービスについて

インターネットの普及により、多くの企業がインターネット上での通信販売、いわゆるECサイトを運営するようになりました。 ECサイトが普及し始めた初期の頃は、銀行振込による販売が一般的でしたが、現在ではクレジットカードや電子マネー、コンビニ払いなど支払い方法が多様化し、ECサイトも多種多様な支払い方法に対応する必要が出てきました。支払い方法の種類が増えるにつれ決済方法も複雑になり、クレジットカード使用時にはカード会社の審査や与信が必要になるなど、それに対応したシステムも求められるようになり、ECサイトの構築も複雑化してきました。このようなECサイト運営の負担を減らすため、煩雑な決済処理を一手に引き受けるのが決済代行サービスです。

決済代行サービスの持つ様々なメリット

決済代行サービスでは、銀行振込やクレジットカードなど基本的な決済はもちろん、銀行振替や代引き、コンビニ決済や電子マネー決済など複雑な支払い方法にも対応しているため、EC運営者や消費者は、シームレスに商品の売買を行うことができます。 決済代行サービスシステムにて審査や与信が実施され、消費者から決済会社に支払われた代金は、決済会社から決済代行サービスを通じて、ECサイトへと送金されます。 EC決済協議会により自主的にルールが制定されており、セキュリティシステムが堅牢なこと、迅速な決済が可能なこと、万全なサポート体制が敷かれていること、決済代行サービスの使用料が比較的低価格であることなど、多くのメリットを併せ持っています。