決済代行サービス利用の利点は?

クレジットカード決済を導入でき決済の管理が簡単になる

直接カード会社とのやり取りをしないで、決済導入ができるのが決済代行会社です。クレジットカード決済を導入する場合はカード会社の審査があり、その後契約になりますが、決済代行会社とやり取りをするだけで導入が可能になります。契約をすることが難しい規模が小さいECサイトでも、労力や時間をかけずにカード決済を導入できます。 また、決済を管理するシステムを提供する決済代行会社が多いのも特徴です。このようなシステムを活用することで、決済の手段別にデータを表示することができるため、管理画面上だけで管理を一括で行うのが可能になります。そのため、簡単に一目で管理ができるため、売り上げの管理や事務処理の負担を大幅に軽減することができます。

万全なセキュリティに守られながら一括入金を実現

複数のコンビニ会社やカード会社と契約をすると、入金されるタイミングはバラバラになるため、経理処理は面倒になることが多いです。このようなケースも決済代行会社ならば、入金される日がまとまるため経理処理の手間を減らすことができます。 また、クレジットカードの情報を取り扱う場合セキュリティの対策を行うことが必須ですが、それには専門知識や技術力、コストが必要になります。このような場合でも、情報の漏洩や、不正利用、ハッキングなどの対策を万全に行っている決済代行会社が、顧客の情報を保有するため安心です。この他、決済システムの運用に関して必要なメンテナンスや仕様変更などに関しても代行会社が行うため、簡単に対応ができます。