決済代行会社の比較方法は?

どんな商品をいくらで売るのかを正確に把握すべし

決済代行の場合には、必ず手数料がかかります。たとえば、現在支払いが滞っている金額が売り上げのどのくらいであるか、と言うのをまずは確認しましょう。それによって、代行会社に委託する際のコストが算出されます。それほど支払いが滞っていないとか、手数がかかって困るとか、そういうことであれば、手数料の払い損になってしまいます。ある程度、軌道に乗ってからのタイミングで決済代行会社のサービス比較を行うのはこういった事情があるわけですね。 さらに、手数料は実際の販売個数によって算出されるのか、あるいは販売価格によって決まるのか、あるいはいずれでもなく定額でかかるのか、といった算出方法も必ず確認しておきべきでしょう。

信頼は何ではかるのか

有名なところ、老舗は、もちろんノウハウもあり、信頼があるのは言うまでもありません。その代り、手数料が高めの設定だったり、申し込みの条件、基準がほかに比べて厳しめだったり、デメリットがあることも否定できません。 最初から敷居の高いところを目指すのではなく、手軽で導入が簡単な決済代行会社を選ぶのも1つの手です。まずは簡易的なサービスで試してみることで、本当にほしいサービスやお客さんの傾向、販売傾向などを分析することもできます。また、初期費用が軽く済むのであれば、さらに検討を続けて、よりニーズに合った決済代行会社へ乗り換えるというのももちろんよいでしょう。 まずは小さなところからためしにやってみる、というのは初期費用が少なく、WEB構築なども手軽なところから始めるべきです。